武田塾仙台駅前校/ 泉中央校

仙台で予備校をお探しなら武田塾仙台駅前校/泉中央校へ。武田塾は日本初“授業をしない”逆転合格予備校です。

武田塾基本ルート 化学

【受験生・浪人生必見!】おすすめ参考書・問題集と偏差値アップ勉強法 化学編

 鎌田の理論化学の講義

本参考書は化学を一から始める受験生向けである。説明が非常に丁寧でわかりやすい。化学で大切なことは、「定義を覚える」、「計算ができる」、「実験器具や製法、性質を覚える」の3つである。本参考書は主に定義を覚えることに重点が置かれている。

本参考書で最も大切なことは問題を解くことではなく別冊の「入試で使える最重要Point総整理」の内容をすべて覚えることである。化学を学んでいて伸び悩む受験生は定義を聞くと即答できない場合が多い。簡単な問題は定義を知っていれば解ける場合が多く、難関大が出題する良問は定義を知らないと解法の筋道が立たない。化学は定義がすべてであるということをしっかり頭において学習してほしい。本参考書は,別冊の内容をすべて覚える→本編の解説を読む→問題を解く、のサイクルを繰り返して学習していく。問題を見たときに瞬時に解法が思い浮かぶようになるまでやり込んでほしい。

 本参考書には受験理論化学全範囲の問題が掲載されているが、「計算ができる」、「実験器具や製法,性質を覚える」、といった部分に重点が置かれていないので、「化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講」、「福間の無機化学の講義」、「鎌田真彰の化学 有機化学」と合わせて勉強してほしい。この4つの参考書を修了すれば日大レベルの問題は難なく解けるようになるであろう。4つの参考書を修了した受験生は「化学 レベル別問題集3 上級編」に進んで問題演習を行うことでMARCHレベルの問題が無理なく解けるようになるだろう。

教科
化学

出版社名
旺文社

使い方
こちらはもう新課程用の教材となっているのですが使い方が3通りあります。
まずは同時に使用する入門問題精講を解く際の読み物として使うのが1つ目。
この使い方をする場合には間に入っている設問はすべて飛ばしてください。
同時並行で問題集を解いていくときの下調べ用というかわからないところを調べる辞書代わりとして使ってください。
入門問題精講が一通り理論化学の範囲が終わったらこちらの理論化学の方の問題を解いていくようにしてください。
そしてもう1つは別冊の基礎知識の暗記をやっていってもらいます。
こちらでちゃんと赤字になっている部分を暗記して基礎知識の定着を図りましょう。
こちらの暗記に関しては以降の問題集に進んだあとも徹底的に繰り返してちゃんと使いこなせるように仕上げていってください。

テスト方法
×

鎌田の理論化学の講義
問題数 33stage
1日の量 2stage
1週間の量 8stage
目標突破日数 28日

化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講|化学

 kagakunyumon

本参考書は化学を一から始める受験生向けである。問題と覚えるべきことが1対1対応している。化学で大切なことは,「定義を覚える」、「計算ができる」、「実験器具や製法,性質を覚える」の3つである。本参考書では主に計算方法について学んでもらいたい。

本参考書では化学反応式と量的関係の計算をはじめ、計算方法がかなりわかりやすく記述されている。化学を学んでいて伸び悩む受験生が疎かにしがちな、計算で単位をつける、表を作る、熱化学では表を作る,といった基本的な部分を本参考書で体に染み込ませてほしい。最初は計算方法がわからない場合が多いので問題は解答を見ながら学習してもよい。

本参考書には受験化学全範囲の問題が掲載されているが、「定義を覚える」、「実験器具や製法,性質を覚える」といった部分に重点が置かれていないので、「鎌田の理論化学の講義」、「福間の無機化学の講義」、「鎌田真彰の化学 有機化学」と合わせて勉強してほしい。この4つの参考書を修了すれば日大レベルの問題は解けるようになるであろう。

教科
化学

出版社名
旺文社

使い方
こちらの参考書は化学の2014年版のルートだと最初にやる問題集なのですが、設問自体は非常に易しめです。
ただ解説が非常にわかりやすくこの解き方で将来的な難しい問題でもできるようになって欲しいというような詳しい解説がされています。
難易度が上がった問題集になるとわかっているだろうということで省かれている部分の解説を詳しくやってくれているので、なんとなくで理解している人は是非この問題集を通してこういう風に理解しなければいけないんだなということを学んでくれればと思います。
現時点では旧課程版の教材しか出ていませんが、難易度的に旧課程の範囲で問題がある問題集ではないのでこちらを解いてしまって構いません。
以上が使い方の説明となります。
また同時に講義用の参考書を使っていく予定なので、講義用の参考書でわからないことがあったら調べるようにしてください。

テスト方法
解いてきた範囲からランダムで出題

化学Ⅰ・Ⅱ入門問題精講
問題数 131問
1日の量 4問
1週間の量 17問
目標突破日数 63日

福間の無機化学の講義

fukumamuki

本参考書は化学を一から始める受験生向けである。無機分野が必要十分にわかりやすくまとめられている。化学で大切なことは,「定義を覚える」,「計算ができる」,「実験器具や製法,性質を覚える」の3つである。本参考書は主に実験器具や製法,性質を覚えることに重点が置かれている。

本参考書で最も大切なことは問題を解くことではなく別冊の「入試で使える最重要Point総整理」の内容をすべて覚えることである。化学を学んでいて伸び悩む受験生は物質の製法,性質を聞くと即答できない場合が多い。簡単な問題は物質の製法,性質を知っていれば解ける場合が多く,難関大が出題する良問では最終的な判断の根拠になる。本参考書は,別冊の内容をすべて覚える→本編の解説を読む→問題を解く,のサイクルを繰り返して学習していく。問題を見たときに瞬時に解法が思い浮かぶようになるまでやり込んでほしい。

 本参考書には受験無機化学全範囲の問題が掲載されているが,「定義を覚える」,「計算ができる」,といった部分に重点が置かれていないので,「化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講」,「鎌田の理論化学の講義」,「鎌田真彰の化学 有機化学」と合わせて勉強してほしい。この4つの参考書を修了すれば日大レベルの問題は難なく解けるようになるであろう。4つの参考書を修了した受験生は「化学 レベル別問題集3 上級編」に進んで問題演習を行うことでMARCHレベルの問題が無理なく解けるようになるだろう。

教科
化学

出版社名
旺文社

使い方
この参考書は2種類使い方がありまして、まずは福間の講義の講義の方(本の部分)、こちらは入門問題精講という同時に使う問題集と一緒に使うようにしてください。
わからないことがあったら調べる用の辞書として利用してください。
もう1つは別冊の暗記となります。
こちらは問題集、同時にやるものが終わってからも徹底的に繰り返して完全に定着するまで何回も練習を繰り返すようにしてください。
同じシリーズとして理論化学編と有機化学編がこの無機化学編と加えてありますので、どの3冊もわからない問題の辞書代わりとしての使い方をやってくれればと思います。

テスト方法
×

福間の無機化学の講義
問題数 21stage
1日の量 2stage
1週間の量 7stage
目標突破日数 21日

鎌田真彰の化学 有機化学

kamatayuki

本参考書は化学を一から始める受験生向けである。有機分野が必要十分にわかりやすくまとめられている。化学で大切なことは,「定義を覚える」,「計算ができる」,「実験器具や製法,性質を覚える」の3つである。本参考書は主に実験器具や製法,性質を覚えることに重点が置かれている。

本参考書で最も大切なことは問題を解くことではなく別冊の「入試で使える最重要Point総整理」の内容をすべて覚えることである。化学を学んでいて伸び悩む受験生は物質の製法,性質を聞くと即答できない場合が多い。簡単な問題は物質の製法,性質を知っていれば解ける場合が多く,難関大が出題する良問では最終的な判断の根拠になる。本参考書は,別冊の内容をすべて覚える→本編の解説を読む→問題を解く,のサイクルを繰り返して学習していく。問題を見たときに瞬時に解法が思い浮かぶようになるまでやり込んでほしい。

本参考書には受験有機化学全範囲の問題が掲載されているが,「定義を覚える」,「計算ができる」,といった部分に重点が置かれていないので,「化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講」,「鎌田の理論化学の講義」,「福間の無機化学の講義」と合わせて勉強してほしい。この4つの参考書を修了すれば日大レベルの問題は難なく解けるようになるであろう。4つの参考書を修了した受験生は「化学 レベル別問題集3 上級編」に進んで問題演習を行うことでMARCHレベルの問題が無理なく解けるようになるだろう。

教科
化学

出版社名
旺文社

使い方
こちらはまだ旧課程版しか出ていないので、基本的には新課程版が出たら新課程へと移行していきましょう。
同じくシリーズものである「鎌田の理論化学の講義」、また「福間の無機化学」の2冊と同じく基礎知識の暗記プラス問題集を解く際の辞書として使うというこの2つの使い方をしていってほしいと思います。
間間に出ている問題を入門問題精講が解き終わったあと解くようにしていきましょう。
基本的には無機や有機に関しては暗記をメインでやって設問は飛ばしても構わないので、まずは知識を徹底的に叩き込んでその上で問題集などで定着させていきましょう。
先の問題集に進んでからも知識の暗記は並行して続けるようにしていってください。

テスト方法
×

鎌田真彰の化学 有機化学
問題数 20項目
1日の量 2項目
1週間の量 5項目
目標突破日数 28日

鎌田の理論化学の講義

kamatariron

 本参考書は化学を一から始める受験生向けである。説明が非常に丁寧でわかりやすい。化学で大切なことは、「定義を覚える」、「計算ができる」、「実験器具や製法、性質を覚える」の3つである。本参考書は主に定義を覚えることに重点が置かれている。

本参考書で最も大切なことは問題を解くことではなく別冊の「入試で使える最重要Point総整理」の内容をすべて覚えることである。化学を学んでいて伸び悩む受験生は定義を聞くと即答できない場合が多い。簡単な問題は定義を知っていれば解ける場合が多く、難関大が出題する良問は定義を知らないと解法の筋道が立たない。化学は定義がすべてであるということをしっかり頭において学習してほしい。本参考書は,別冊の内容をすべて覚える→本編の解説を読む→問題を解く、のサイクルを繰り返して学習していく。問題を見たときに瞬時に解法が思い浮かぶようになるまでやり込んでほしい。

 本参考書には受験理論化学全範囲の問題が掲載されているが、「計算ができる」、「実験器具や製法,性質を覚える」、といった部分に重点が置かれていないので、「化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講」、「福間の無機化学の講義」、「鎌田真彰の化学 有機化学」と合わせて勉強してほしい。この4つの参考書を修了すれば日大レベルの問題は難なく解けるようになるであろう。4つの参考書を修了した受験生は「化学 レベル別問題集3 上級編」に進んで問題演習を行うことでMARCHレベルの問題が無理なく解けるようになるだろう。

教科
化学

出版社名
旺文社

使い方
こちらはもう新課程用の教材となっているのですが使い方が3通りあります。
まずは同時に使用する入門問題精講を解く際の読み物として使うのが1つ目。
この使い方をする場合には間に入っている設問はすべて飛ばしてください。
同時並行で問題集を解いていくときの下調べ用というかわからないところを調べる辞書代わりとして使ってください。
入門問題精講が一通り理論化学の範囲が終わったらこちらの理論化学の方の問題を解いていくようにしてください。
そしてもう1つは別冊の基礎知識の暗記をやっていってもらいます。
こちらでちゃんと赤字になっている部分を暗記して基礎知識の定着を図りましょう。
こちらの暗記に関しては以降の問題集に進んだあとも徹底的に繰り返してちゃんと使いこなせるように仕上げていってください。

テスト方法
×

鎌田の理論化学の講義
問題数 33stage
1日の量 2stage
1週間の量 8stage
目標突破日数 28日

化学レベル別問題集3

kagakureberubetu3

本参考書は受験化学の知識を一通り有していて,問題演習を行う受験生向けである。解説に図説,途中計算にコメントが入っているので難しい問題でもストレスなく進められる。

本参考書は,問はなるべく自力で解く→わからない時点で解説を読み理解を深める→問題は問の直後に自力で解く,のサイクルを繰り返して学習していく。問題を見たときに瞬時に解法が思い浮かぶようになるまでやり込んでほしい。問題の流れを理解して,どの場面で定義を用いるのか,正解の根拠は何なのかを意識しながら解くとよい。

 本参考書は標準的な有名問題が数多く収録されているので,修了すればMARCHレベルの問題は無理なく解けるようになるであろう。本参考書を修了した受験生は「化学 レベル別問題集4 難関編」に進んでさらに1ランク上の問題演習を行うことで,早慶レベルの問題に太刀打ちする力をつけることが出来るだろう。

教科
化学

出版社名
ナガセ

使い方
こちらは大体MARCHレベル程度の化学の問題をやっていきます。
問題数がそれほど多い問題集ではないのでこれが終わったあとは過去問などで補強するようにしましょう。
MARCH程度のレベルの入試問題に必要な知識、最低限の問題は一通り揃っており、解説が非常に詳しいので復習をしながら知識をつけていくことが出来ると思います。
この問題集に全く歯が立たないという状況である人は、これより下の段階の参考書がちゃんと定着していない可能性があるので戻って復習をやり直すようにしましょう。
解説をちゃんと読み込んで丁寧に使っていき、初見で分からない部分があったとしたら自力でちゃんと解説を読み込んで、正解できるように持っていくようにしてください。
ただこの時点で初見で全くできないという状態でなければ、ちょっとあまり正解率が良くなくても気にせず仕上げてしまって構いません。
その分過去問などをしっかりやりこんで合格点とるように仕上げた上で先に進むようにしてください。

テスト方法
解いてきた範囲からランダムで出題

化学レベル別問題集3
問題数 15step
1日の量 1step
1週間の量 4step
目標突破日数 35日

化学レベル別問題集4

kagakureberubetu4

本参考書は受験化学の標準的な問題が一通り解ける受験生向けである。難関大では必答の問題が収録されている。解説に図説,途中計算にコメントが入っているので難しい問題でもストレスなく進められる。

本参考書は,問はなるべく自力で解く→わからない時点で解説を読み理解を深める→問題は問の直後に自力で解く,のサイクルを繰り返して学習していく。問題を見たときに瞬時に解法が思い浮かぶようになるまでやり込んでほしい。これまでに出てこなかった問題パターン,物質が多く登場するが,基礎を抑えていれば解法プロセスがわからないということはない。最終的には問題の流れを理解して,どの場面で定義を用いるのか,正解の根拠は何なのかを意識しながら解くとよい。

 本参考書は難関大では必答の有名問題が数多く収録されているので,修了すれば早慶レベルの大学の過去問演習を無理なくできるようになる。本参考書を修了した受験生は「化学 重要問題集 -化学基礎・化学-」を使って抜けが無いようにさらに問題演習を重ねてほしい。

教科
化学

出版社名
ナガセ

使い方
こちらは理科大、上智、早慶などの難関大学の理科を解いていく人向けの問題集となります。
難易度自体が非常に高いものにはなるんですが、その中でも解説が非常に詳しめかつ、そこまで問題数が多いわけでもないので難関大学の化学を勉強する際には最初の一冊として是非使って欲しいと思います。
こちらをちゃんと仕上げておけば過去問であと演習を積んでいけば十分解けるようになると思いますのでこちらを徹底的にやり込み、過去問に挑むようにしてください。
その上でもし補強でより上のレベルのものをやりたいようであれば重要問題集などを使って知識の補充をするようにしてください。

テスト方法
解いてきた範囲からランダムで出題

化学レベル別問題集4
問題数 6step
1日の量 1step
1週間の量 2step
目標突破日数 28日

仙台で予備校をお探しなら武田塾仙台駅前校へ