武田塾仙台駅前校/ 泉中央校

仙台で予備校をお探しなら武田塾仙台駅前校/泉中央校へ。武田塾は日本初“授業をしない”逆転合格予備校です。

様々なお役立ち情報

大学受験 英語の勉強法・参考書<その三 英文解釈>




_SY344_BO1,204,203,200_

本日第1弾は武田塾仙台校が
大学受験 英語の勉強法・参考書について〈その三〉 

お話ししますね。
—————————————————————————————– 

「志望校に受かるために英語の勉強法はどうすればいいのか?」と、よく悩みますよね。

早稲田とか慶應とか雲の上の存在に感じますよね。

でも、正しい英語の勉強法で学べば逆転合格できます。

ここでは大学受験の英語の勉強法を一から丁寧に書いていこうと思います。

「英語の単語ってどう覚えればいいの?」

「長文の参考書はどうや手って復習したらいいの?」

などなど、本当に英語の基礎の基礎から勉強法を伝えていこうと思うので、みなさん参考にしてください。

—————————————————————————————– 

使用する英語・参考書と大まかな勉強法
①英文読解入門 基本はここだ
大学受験・入試レベルの英文がほとんど読めない人向けの大学受験英語の参考書。
英文を訳したことがなかったり、センターの文章をほぼ読めないという人はやっておきたい。
解釈の本ではあるが構文についての英語参考書ではないので、構文の勉強をしたい場合はこれ以降の参考書で習得していく。
使用した人はすべての文章をすらすら訳せるようになっていることが望ましい。
②入門英文解釈の技術70
本格的に構文を使用して英文解釈をしていくうえで最初にやる大学受験の英語参考書。
問題文を長文から抜き出していることもあり、かなり意訳になっているので同じ訳にするのは非常に難しいのでその必要はない。
自分で訳す際には直訳で訳しておこう。ただ訳が当たるだけでなく、なぜその訳になるのかとSVOCなどがしっかり振れているかは確認しておく。
速読英熟語
長文の部分を使用する。自力でSVOCを取る練習をしておく。
解説自体はこの参考書にはないが、武田塾が作ったSVOCを振った解答例があるので、こちらをもとに採点を行う。
速読英熟語では、熟語と構文にそれぞれ色がついているので、英文解釈の本で習った内容がどのように出てくるのかを確認ができる。
この参考書に掲載されているの50文を手早く、完璧に訳せるようになることが英文解釈の基礎の終了の大きな目安となる。
ポレポレ英文読解プロセス50
早慶レベルの文章で心が折れないために難しい英文に挑んでおくための大学受験
英語 参考書。
すべての文章の難易度が高いが、特にライオンマークは難易度が非常に高い。
何周かこなした程度では使いこなせないので、完璧になるまでは毎週1回確認するくらいはやっておいたほうがよい。
リンガメタリカの長文とこの参考書が読めるようになっていれば、大抵の英文は読むことに関しては怖くない。
 
 英文解釈の英語勉強法
英文解釈は基礎知識の集大成であり、長文に入るための最終準備である。
難しい文章であれ、短い一文であればちゃんと訳せるということが目標となるので、単語、熟語、文法などの知識の不足により読めないのであれば、これまでの参考書に戻り復習をしていく。
英文解釈の参考書の目標は「文構造などをはっきりさせて直訳する」ということである。
なんとなく訳すということを続けていては、訳としては合っていても減点されるような解答であったり、雰囲気だけ合っていて実際は意味がずれている解答を書いてしまう可能性が高くなる。
英文の読み方のルールをしっかり覚え、減点のされない訳を書けるようになることを心がけよう。
長文に入ってからは、すべての文章で文構造をはっきりさせていく必要はないが、練習の際にはできるだけやっておいて、いざという時に訳せるようにしておく。
国語が得意な受験生であれば、文構造などを一切学ばなくても訳せるケースもあるが、その訳し方の場合は記述で書いてみると減点される可能性が高いうえ、長文の単語を適切な品詞に変えて代入する問題などに対応できない可能性が高い。
大学受験の入試の問題が解けるように解釈し、訳すことを意識して学習していくことを心がけよう。
 
 勉強がうまくいかない場合の大学受験 英語・勉強法チェック①基礎知識がちゃんと入っているか
英語の勉強法でも書いたが、英文解釈は基礎知識である単語、熟語、文法を覚えている必要がある。
これができていない状態で英部解釈をやったとしても、ただの暗記になる可能性が高い。
また、知識が入っていてもそれを使って訳すことを考えていないと、使えない覚え方になっている場合もありうるので、英文解釈の問題集をこなしながら基礎の参考書の復習といった勉強法を行っていこう。
 
②訳の暗記になっていないか
英文解釈を訳せればいいと思っているとこのやり方になりやすい。
訳は覚えているものの、なぜそうなるかは説明できず、自力で構文を振ったり、訳すことができないというのでは、難しい文章にあたった時に読むことは非常に難しい。
英文解釈はなぜその訳になるのかを説明できるようにしたうえで、訳すことができる必要があり、決して例文暗記ではないことを意識しよう。
 
③意訳をしようとしていないか
例文暗記に近いが、英文解釈を自力でやると解答の訳と違いすぎて悩むというケースがこれである。
英文解釈の英語参考書は、長文から切り取っている文章も多いため、自力で訳した場合、周りの文章がないと訳が一致しないことは少なくない。
意訳と一致しないと気になる気持ちはわかるが、それ自体が訳を覚えることに向いている可能性が高い。
あくまでも構文を振っただけで直訳した場合は、意訳と一致することはほぼないので、あせらず構文を取ることをしっかり行っていこう。



勉強に困っていることありませんか?武田塾では一冊を完璧に授業をしない塾として、テキストの取り組み方や受験の情報などを細かくお伝えしております!

また、無料受験相談、勉強に困ってることなどなんでも構いません。お気軽にご相談ください!!

お問い合わせ/無料相談