武田塾仙台駅前校/ 泉中央校

仙台で予備校をお探しなら武田塾仙台駅前校/泉中央校へ。武田塾は日本初“授業をしない”逆転合格予備校です。

教科別勉強法

【数学】教科別勉強法(第三回)日大レベルの進め方

数学の学習法をルートにのっとってレベル別に紹介していきます。大東亜レベルの次は日大レベルです。

1.日大レベルとは

日大レベルは、全受験生が対象の武田塾真髄となる部分です。日東駒専(日本、東洋、駒澤、専修各大学)を目指す人やセンターを受験する方も対象になります。偏差値は50〜50中盤が目安で、仙台地域では東北学院大学がここに該当します。

2.数学における日大レベルの概要

日大レベルは、数学Ⅲまで入るかで少し変わりますが、基本は文理共通です。日大レベルの参考書を完璧にすると目安としては日大・センターレベルの問題は解けるだけでなく、MARCHレベルの問題も多少ではありますが、解けるようになります。しかし、日大レベルからは数学における二段階勉強法の2段階に入っていきます。この段階からは答えを覚えてその問題を解けるだけの目的では、入試に直結するチカラはつきません。取り組み方には注意が必要になってくるのもこのレベルです。

3.日大ルート(標準)

標準ですので、多くの受験生がここからスタートすることになります。使うテキストは『基礎問題精講 数学(Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ)』シリーズ、『マセマ 初めから始める数学』シリーズです。基本的に問題を『基礎問題精講 数学』で解き、わからなかったもの、反復が必要な部分を『マセマ 初めから始める数学』で辞書として使う形になります。入試の範囲がⅠ・A・Ⅱ・Bまでの方は3か月、加えてⅢまで入試の範囲が及ぶ人は4〜5か月が目安となります。大東亜レベルの『直接書き込む やさいし数学』がⅠ・A・Ⅱ・Bのみのため、数学Ⅲを学習する方は『初めから始める数学』を『基礎問題精講』の前に学習するとより効率的に学習を薦められます。

補足:大東亜レベルの『直接書き込む やさいし数学』がⅠ・A・Ⅱ・Bのみのため、数学Ⅲを学習する方は『初めから始める数学』を『基礎問題精講』の前に学習するとより効率的に学習を薦められます。

4.日大ルート(発展)

センター試験前に余裕がある方、逆にMARCHレベルまで進めたいが、MARCHレベルの参考書を終えられる余裕がない人にお薦めのルートです。使うテキストは『文系・センター対策 入試必携168』『理系対策 入試必携168』です。

日大レベルは次段階のMARCH、早慶における土台となる大切な部分です。次回はMARCHレベルについてご紹介します。

勉強に困っていることありませんか?武田塾では一冊を完璧に授業をしない塾として、テキストの取り組み方や受験の情報などを細かくお伝えしております!

また、無料受験相談、勉強に困ってることなどなんでも構いません。お気軽にご相談ください!!

お問い合わせ/無料相談

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA