武田塾仙台駅前校/ 泉中央校

仙台で予備校をお探しなら武田塾仙台駅前校/泉中央校へ。武田塾は日本初“授業をしない”逆転合格予備校です。

受験知識大学編

必ずチカラになる!模試活用方法3つのポイント

大手3社(駿台、河合塾、代々木ゼミナール)の2016年度模擬試験日程が決まりました。

模試は復習して力にしなければならないことは皆さんも熟知しているとは思います。しかし、どのように復習したらよいのかをはっきりと理解していないのではないでしょうか。模試を上手に活用して、効率よく自分の知識としていくための方法を紹介したいと思います。

思い込みをなくす!模試活用方法f00709678301442e14e62f2202c64eb9_s

自分の実力を見る、問題傾向を知る、ライバルと比較する良い機会である模擬試験。その模擬試験をより有効に活用するため心がけてほしいことをお伝えしたいと思います。

模試受験時には3つのマークを!

まず、これは当たり前ですが受験時に心がけてほしいことは、その解答、結論に至った根拠を持って解答することです。当然自己採点した結果がでますし、結果が返却されると評定や偏差値がでます。しかし、結果はあくまでもそのとき紙面に表れた機械的なものです。自分の実感と結果が違うということもあると思います。

その違いを埋めるために心がけてほしいことは、解答に印をつけることです。3つに分かれると思います。1つはしっかりと根拠をもって答えられた、かつ正解と確信をもって解答したもの、2つめは学習した覚えはあるけど確信をもって解答できていないもの、最後は既知の知識では解けない問題、まだ学習していない内容です。ルールを自分で設けてこの3つを区別し、あとでわかるようにします。

作業にならない、効率の良い復習と反復演習

模試受験後、解答を確認します。この時に、さきほど受験時のところで紹介した印を参考に、確信をもって解答したもの以外をノートにまとめます。まとめ方として、見開き1ページを1題で使用し片側に問題、もう片方に解答を記入、もしくはコピーします。

解答のページには、配られた解答解説だけでなく、既知の学習した内容であれば、自分が取り組んでいるテキストの参考ページなどを記入します。また、その時学んだ背景知識や途中計算などまで記入し、自分が一目でわかる解答を作ります。もう片方の問題側ですが、ここには問題部分は白紙にしておき、その余った部分に、自分で考えた解答までの過程と正解までの正しい解答プロセスをそれぞれ分けて記入します。f7ebe069f0088853a513984dfe9c85ed_s

効率よく学習を!模試復習時の注意点

一つは解きなおしの日付と正解不正解を記入し、何度も繰り返すことです。1回だけではただの作業になってしまい、頭に入りません。正解不正解を記入することで、正解したものは次は解答しないなど効率よく自分の知識として身に着けることもできます。また、根拠を持てなかったすべての問題を復習するのは時間がかかるという人もいると思います。その時は、設問の正答率・難易度、また重要度に鑑みて自分が本当に解けなければいけない問題をピックアップして復習ノートを作成します。こうすることで、自分が今から学習していかなければいけないものを見つけることもできると思われます。

模試受験で大切なことは『受け身や作業的にならず、積極的にかつ効率よく自分の知識としていくこと』です!

模試日程などは『仙台で受験できる河合塾・駿台の武田塾推奨模試日程』をご覧ください。

勉強に困っていることありませんか?武田塾では一冊を完璧に授業をしない塾として、テキストの取り組み方や受験の情報などを細かくお伝えしております!

また、無料受験相談、勉強に困ってることなどなんでも構いません。お気軽にご相談ください!!

お問い合わせ/無料相談

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA