点数の上げ方~センター試験「国語」~

そろそろ秋も深まってきましたね^^皆様はいかがお過ごしでしょうか?
風邪を引かないように体調管理をしっかりして、乗り切っていきましょう。

試験当日まで残り少なくなってきましたが、なかなか点数の伸びに悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回から、センター試験上達特集をスタートしたいと思います!
今回はセンター試験国語の上達の仕方を伝授します!

いかに早く偽物を見付けるかがカギ

97688a99849fcc3f632338f4c8966d20_s
国語の問題を解いているときに特に厄介になるのが”偽物”です。国語が苦手な受験生でだいたい共通しているのが、この”偽物”に
だまされてしまうということです。

では、この”偽物”とは何なのでしょう。
それはつまり、評論文・小説の問題に多いのですが”本文には書かれていない正解っぽい選択肢”のことです。

どうして引っかかってしまうのか。
限られた時間の中ですべての文章を早く読もうとすると、どうしても内容理解が中途半端になってしまうからです。

文章を読むのが得意でない方にとってはもっと効率のよい読み方をすればよいのです。

「いつ」「誰が」「どこで」「何を」に注意して読んでみましょう。

文章全体をただ流し読みするのではなく、これらのことに気をつけて読んでみて下さい。
次第に、文章の状況把握ができるようになると思います^^

先に問題に目を通すこと

fbc629f7430cb95b8356e7aa66f28339_s評論・小説・漢文・古文のどれを解くときもまずは問題に目を通すことは鉄則です。
なぜなら、何が聞かれているのかを事前に知りあらかじめ大まかな流れを理解することで、全体の解答スピードが大幅にあがるからです。

文章を読むときもポイントを絞りやすくなり、内容理解のスピードが上がります。

また、最後の問題ではよく「文章の技法」だったり「内容の背景」、「登場人物同士の関係」を聞かれることもあります。

問題に目を通すのは20秒以内で

問題を先に理解すればよいからといって、時間がかかりすぎるのはよくないです。
あくまでも文章を読むときにポイントを絞りやすくするためです。

問題の選択肢ではなく、問題文に目を通すようにしましょう。

自主的により多くの問題を

804e7a18b5075a36f0940b51b8ea5c18_s
解き方がわかれば後は問題量をこなしていくだけです。
特に国語の場合は公式や模範解答というものがありません。

そして、本番にどんな文章がでるかはわかりません。いろんな文章にふれて対応できる力を身につけましょう。

まとめ

  • 「いつ」「誰が」「どこで」「何を」でポイントおさえる
  • 素早く問題で何を聞かれているかを把握する
  • 自主的に問題を解いていく

これらを守ってしっかり勉強をしていきましょう!

次回はセンター試験「数学」の上達法を伝授します!

 

勉強に困っていることありませんか?武田塾では一冊を完璧に授業をしない塾として、テキストの取り組み方や受験の情報などを細かくお伝えしております!

また、無料受験相談、勉強に困ってることなどなんでも構いません。お気軽にご相談ください!!

お問い合わせ/無料相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る