企画➀「皆で気分転換してきました!!」

こんにちは、武田塾仙台駅前校です!!

気温も一気に暖かくなって春を感じる季節になりましたね^^
入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待とともに、わくわくしている方も多いと思います。

とはいえ、学校に通う皆さんはまだまだ受験や試験があるので、気を緩めてはいけません。
集中力が続きにくい時期かとは思いますが、ここで頑張るか頑張らないかによって後の結果に響いてくるのです。

効率の良い勉強をするには集中力が必要となってきますが、集中ってそんなに長くは続かないのではないでしょうか。
無限に続けばいいですが・・・

そこで集中を継続させるのに、鍵となってくるのが「気分転換」なのです。

さて今日は、「気分転換」についてお話していきたいと思います。

一般的に集中時間はどのくらい?

ab4d85c7adc69bc96c439b2d0e3372c4_s
結論から言うと、30~60分です。
もちろん、学習内容や状況など様々な要因が絡んでくるので、あくまでも一般論ですが。

また、大人になるに連れて集中の持続時間は長くなったりします。
小学校や中学校では45分授業だったのに、高校では60分。これでも長いと思っていたのに、大学では90分が当たり前です。

このことからも分かるように、人間の集中力は限界でも90分と言われています。
しかし、90分間集中し続けることができる人もいれば、できない人もいます。

この違いは何なのでしょうか?
ここで言いたいのは90分集中力を継続させなさいということではなく、90分持続させるためにはどうすれば良いかを考えてほしいのです。

勉強とは正反対のことを

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_s

1つは「気分転換」がうまくできているかということにあります。

最初にも「気分転換」が大事だと言いましたが、具体的には何をすれば良いのか。
例を上げてみましょう。
・散歩をする
・スポーツ(部活でやっていた)をする
・サイクリングする
・録画していたお笑い番組を見る
などです。

要は自分がリラックスできると感じることであれば、なんでも良いのです。
また、勉強とは正反対のことをすればより効果的です。つまり、机に向かって本を読むよりも外に出て空を見る。勉強のことを一旦忘れるくらいの気持ちが必要なのです。

集中が続かないなあと思ったら、すぐに気分転換してみることをおすすめします。
自分なりのリラックス方法を見つけてみましょう。

仙台駅前校では生徒のために企画を!

武田塾仙台駅前では生徒の勉強管理をより大事にし、設備を整えたり、気分転換になるようなことを考えて行ったりしています。
今回は、春ということで近くの公園でお花見をしながら、バスケをしてきました^^
(講師や生徒の中にバスケ好きがいたということもあり・・・)

DSC_0045 1

講師と生徒の仲も深まり、生徒も喜んでくれたようでした。
今後も明るい教室を作っていけるように取り組んでいきます!

 

勉強に困っていることありませんか?武田塾では一冊を完璧に授業をしない塾として、テキストの取り組み方や受験の情報などを細かくお伝えしております!

また、無料受験相談、勉強に困ってることなどなんでも構いません。お気軽にご相談ください!!

お問い合わせ/無料相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る